カテゴリー:建設業許可

  • 茨城県の建設業許可(解体業)

    解体工事業(建設業許可)の許可申請と解体工事業者の登録について

    平成28年に建設業許可に「解体工事業」が新設 これまで、工作物の解体工事は「とび・土工工事業」に分類されていましたが、平成28年の法改正後は分離され「解体工事業」に分類されることになりました。よって500万円以上の解体…
  • 建設業許可

    建設業の許可申請(茨城県)

    建設業の許可 建設業とは、元請、下請を問わず、建設工事の完成を請け負う営業といいます。建設業を営もうとする者は敬敏な工事を除いて、29業種の種類ごとに国土交通大臣又は都道府県知事の許可を受ければなりません。1都道府県の…
  • 建設業

    欠格要件について(建設業許可)

    欠格要件に該当しないこと 建設業の許可を受けるためには、下記のいずれかに該当するときは、許可を受けることができません。 1.許可申請書又は添付書類中の重要な事項について虚偽の記載があり、又は重要な事実の記載が欠けてい…
  • 建設業許可

    請負契約に誠実性・財産的基礎について(建設業許可)

    請負契約に関して誠実性を有していること 建設業の許可を受けるためには、「請負契約に関して誠実性を有していること」が要件のひとつになります。これは、法人、法人の役員、個人事業主等が、請負契約に関し、不正又は不誠実な行為を…
  • 建設業

    専任技術者とは?(建設業許可)

    専任技術者とは? 建設業の許可を受けるためには、常勤の専任技術者が要件になってきます。これは建設工事について専門知識を有する技術者の恒常的な技術指導の下で建設業の営業が行われる体制を構築することで、請負契約の適正な契約…
  • 経営業務の管理責任者とは?(建設業許可)

    経営業務の管理責任者とは? 建設業の許可を受けるためには、経営業務の管理責任者がいることが要件になってきます。許可を受ける法人の常勤の役員のうち1名または、個人事業主の場合は、本人又は支配人のうち1人が、次のいずれかに…

ピックアップ記事

  1. 茨城県の建設業許可(解体業)

    解体工事業(建設業許可)の許可申請と解体工事業者の登録について

  2. 建設業許可

    建設業の許可申請(茨城県)

  3. 茨城県の車庫証明代行

  4. 遺言書

    遺言書の作成(公正証書)

  5. 経営業務の管理責任者とは?(建設業許可)

  6. 株式会社の設立について

  7. 合同会社

    合同会社(LLC)設立について

  8. 内容証明

    内容証明の作成

  9. 離婚協議書の作成

ページ上部へ戻る