古物とは?(古物営業法第2条第1項)

一度使用された物品(鑑賞的美術品及び商品券、乗車券、郵便切手その他政令で定めるこれらに類する証票その他の物を含み、大型機械類(船舶、航空機、工作機械その他これらに類する物をいう。)で政令で定めるものを除く。以下同じ。)若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又はこれらの物品に幾分の手入れをしたものをいう。
簡単にまとめると下記の3点です。「使用」とは、本来の目的にそって使っている、
「幾分の手入れ」とは、本来の性質、用途に変化がなく修理等をすることです。
  一度使用されたもの 
  
■使用されていない物品で使用の為に取引されたもの
  
これらいずれかの物品に「幾分の手入れ」をしたもの
 
  
 ■古物商許可の書類作成・申請代理を承ります。

  
茨城県土浦市下高津1-11-1 TEL:029-825-3633  携帯090-77728-5545
       古物商営業許可サポート 行政書士三田寺大輔事務所

         お問い合わせ 古物商 古物営業許可申請 茨城県 行政書士三田寺お気軽にお問い合わせください。

古物営業とは?(古物営業法第2条第2項)

1.古物を売買し、若しくは交換し、又は委託を受けて売買し、若しくは交換する営業であつて、古物を売却すること又は自己が売却した物品を当該売却の相手方から買い受けることのみを行うもの以外のもの
2.古物市場(古物商間の古物の売買又は交換のための市場をいう。)を経営する営業
3.古物の売買をしようとする者のあつせんを競りの方法(政令で定める電子情報処理組織を使用する競りの方法その他の政令で定めるものに限る。)により行う営業(前号に掲げるものを除く。以下「古物競りあつせん業」という。)

「営業」とは、営利の目的をもって同種の行為を反復継続して行うことをいいます。「営業性」の有無については、行為の実情に即して客観的に判断されます。

よくお店で見かける新品の商品を購入するとき、「下取り」・「買取」をされているお店がありますが、サービスの一環としての場合は、古物の許可はいりませんが、下取りする品物により買取の額が違う場合は、古物商の許可が必要となります。

古物の種類

(1) 美術品類
あらゆる物品について、美術的価値を有しているもの
【例】 絵画、書、彫刻、工芸品、登録火縄銃・登録日本刀
(2) 衣類
繊維製品、革製品等で、主として身にまとうもの
【例】 着物、洋服、その他の衣料品、敷物類、テーブル掛け、布団、帽子、旗
(3) 時計・宝飾品類
そのものの外見的な特徴について使用する者の嗜好によって選択され、身につけて使用される飾り物
【例】 時計、眼鏡、コンタクトレンズ、宝石類、装飾具類、貴金属類、模造小判、オルゴール、万歩計
(4) 自動車
自動車及びその物の本来的用法として自動車の一部として使用される物品
【例】 その部分品を含みます。タイヤ、バンパー、カーナビ、サイドミラー等
(5) 自動二輪車及び原動機付自転車
自動二輪車及び原動機付自転車並びに、その物の本来的用法として自動二輪車及び原動機付自転車の一部として使用される物品
【例】 タイヤ、サイドミラー等
(6) 自転車類
自転車及びその物の本来的用法として自転車の一部として使用される物品
【例】 空気入れ、かご、カバー等
(7) 写真機類
プリズム、レンズ、反射鏡等を組み合わせて作った写真機、顕微鏡、分光器等
【例】 カメラ、レンズ、ビデオカメラ、望遠鏡、双眼鏡、光学機器
(8) 事務機器類
主として計算、記録、連絡等の能率を向上させるために使用される機械及び器具
【例】 レジスター、タイプライター、パソコン、ワープロ、コピー機、ファックス、シュレッダー、計算機
(9) 機械工具類
電機によって駆動する機械及び器具並びに他の物品の生産、修理等のために使用される機械及び器具のうち、事務機器類に該当しないもの
【例】 工作機械、土木機械、医療機器類、家庭電化製品、家庭用ゲーム機、電話機
(10) 道具類
(1)〜(9)、(11)〜(13)に掲げる物品以外のもの
【例】 家具、楽器、運動用具、CD,DVD,ゲームソフト、玩具類、トレーディングカード、日用雑貨
(11) 皮革・ゴム製品類
主として、皮革又はゴムから作られている物品
【例】 鞄、バッグ、靴、毛皮類、化学製品(ビニール製、レザー製)
(12) 書籍
(13) 金券類
【例】 商品券、ビール券、乗車券、航空券、各種入場券、各種回数券、郵便切手、収入印紙、オレンジカード、テレホンカード、株主優待券

※ 何らかの「物品」である以上、いずれかの分類に当てはまります。

古物商許可の書類作成・申請代理を承ります。
  茨
城県土浦市下高津1-11-1 TEL:029-825-3633  携帯090-77728-5545
       古物商営業許可サポート 行政書士三田寺大輔事務所

         お問い合わせ 古物商 古物営業許可申請 茨城県 行政書士三田寺お気軽にお問い合わせください。
■古物商の許可申請は、添付書類を収集する時間が必要だったり、警察署に打ち合わせや申請、許可証を受領に行く必要があります
当事務所では、添付書類の収集の代行、警察署に代理申請することにより、お客様のご負担を軽減させることができます。また古物商の専門家として、添付書類の収集、書類作成・申請まで、速やかに行うことができます。

まずはお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ 茨城県 古物商 行政書士三田寺 土浦市 つくば市
当事務所は、土地家屋調査士・司法書士・行政書士の合同事務所です。
会社様の場合、古物商許可申請に必要な定款の目的変更が必要な場合もございますが、定款変更の登記もワン・ストップサービスが可能です。

■アフターフォローも・・・
 許可取得後も役員・管理者・営業所の増設等でサポートさせて頂くことも可能です。

古物商営業許可申請のサポート専門サイト       行政書士三田寺大輔事務所

        〒300-0812茨城県土浦市下高津一丁目11番1号
      TEL:029-825-3633/090-7728-5545 FAX:029-823-9397
営業区域:茨城県・千葉県・つくば市、土浦市、かすみがうら市、守谷市、つくばみらい市、取手市、龍ヶ崎市、牛久市、稲敷市、石岡市、筑西市、下妻市、常総市、桜川市、石岡市、笠間市、小美玉市、行方市、潮来市、神栖市、鹿嶋市、鉾田市、水戸市、ひたちなか市、那珂市、常陸大宮市、常陸太田市、日立市、高萩市、北茨城市、稲敷郡・河内町、北相馬郡・利根町、猿島郡・五霞町、境町、結城郡・八千代町、東茨城郡・茨城町、大洗町、那珂郡・東海村、東茨城郡・城里町、久慈郡・大子町・千葉県・野田市・柏市