Home遺言の方式

遺言書方式

遺言の方法 茨城県 行政書士 三田寺大輔事務所

遺言方式は、「普通方式」「特別方式」のふたつに大別されます。「特別方式」とは、危篤時や航海時における遺言の方式です。当サイトでは、一般的な「普通方式」についてご紹介します。

『自筆証書遺言』
遺言を自分で書いてする方法です。法律で要件が厳しく定められているので、注意が必要です。パソコンなどでプリントアウトしたものではだめです。必ず、遺言者本人が自筆しなければなりません。
また遺言を執行する為には、裁判所の『検認』の手続きを行う必要があります。

『公正証書遺言』
遺言者の口述に基づき、公証人が筆記して遺言書を作成する方法です。公証人の立会いのもとで作成するため、法的に有効信用性の高い遺言書を作成できます。作成時の費用はそれなりにかかりますが、検認は不要です。一番スムーズに事が運びやすい方式です。

『秘密証書遺言』
遺言の存在を明確にしつつ、内容を秘密にして作成する方法です。封をした上で公証人・証人・遺言者が署名押印します。遺言に封をしてから公証人に提出するので遺言の秘密は守られますが、内容については公証人はチェックしないので、要件を欠いていたために遺言自体が無効になってしまう可能性があります。 また、自筆証書遺言同様、執行時に裁判所の検認が必要となります。

どの遺言書がよい?

公正証書遺言 遺言書作成 つくば市 土浦市 牛久市 遺言

当事務所では、『公正証書遺言』をお勧めしています。遺言書の紛失、変造の防止にもなります。費用は、かかりますが、適法な遺言書が作成され、検認の必要もなく、相続手続きが、スムーズに行うことができます。せっかく作成した遺言書が法律の要件を満たさず、無効になってしまっては意味がありません。

遺言書の文案作成・遺言に関する相談なら

当事務所では、遺言書の作成指導や公正証書遺言の作成に関する文案の作成・証人などの業務を行っております。まずは、お気軽にお問い合わせください。

茨城県土浦市下高津一丁目11番1号 行政書士三田寺大輔事務所
TEL:029-825-3633(携帯090-7728-5545)
メールでのお問い合わせ
遺言の相談なら、お気軽にご相談ください。

ページトップへ

遺言・相続 サポート茨城 行政書士三田寺大輔事務所 

営業区域:茨城県全域・千葉県 柏市、野田、成田市、茨城県、土浦市、つくば市、取手市、牛久市、かすみがうら市、稲敷郡阿見町、美浦村、利根町、龍ヶ崎市、稲敷市、
石岡市、潮来市、大洗町、小美玉市、古河市、桜川市、常総市、下妻市、筑西市、城里町、つくばみらい市、東海村、大子町、行方市、板東市、ひたちなか市、結城市
Copyright (C)2008-2011 茨城県 行政書士三田寺大輔事務所 All Rights Reserved.