令和3年3月31日で解体工事業の技術者に関する経過措置が終了になります。

2021-1-25

建設業許可(解体業)の経過措置対象の技術者(とび・土工工事業の技術者)が解体工事業の営業所専任技術者になっている場合は、技術者要件を備えた変更届出書を提出する必要があります。令和3年3月31日までに要件を備え、かつ変更してから2週間以内に変更届出書を提出しない場合は許可の取消し処分になりますのでご注意ください。

ピックアップ記事

  1. 経営事項審査
  2. 車庫証明
  3. 建設業許可(経営業務の管理責任者等)
  4. 令和2年10月1日施行「建設業法及び入契法の一部を改正する法律」について
  5. 特定建設業の許可申請
  6. 茨城県の建設業許可(解体業)
  7. 建設業許可
  8. 遺言書

営業地域

営業区域:茨城県・千葉県・埼玉県・つくば市、土浦市、かすみがうら市、守谷市、つくばみらい市、取手市、龍ヶ崎市、牛久市、稲敷市、石岡市、筑西市、下妻市、常総市、桜川市、石岡市、笠間市、小美玉市、行方市、潮来市、神栖市、鹿嶋市、鉾田市、水戸市、ひたちなか市、那珂市、常陸大宮市、常陸太田市、日立市、高萩市、北茨城市、稲敷郡・河内町、北相馬郡・利根町、猿島郡・五霞町、境町、結城郡・八千代町、東茨城郡・茨城町、大洗町、那珂郡・東海村、東茨城郡・城里町、久慈郡・大子町

ページ上部へ戻る